外国債券ETF
  1. Top
  2. » 2037/04

外国債券投資の魅力



外国債券投資がおすすめな理由

投資信託の1つに、外国の債券や社債に投資する「外国債券ファンド」があります。
最近は新興国の発展が期待されているせいか、外国株式ファンドに人気がありますが、ここでは、国際分散投資に不可欠な外国債券投資の魅力を挙げています。
外国債券ファンドに投資すると、各国の債券からリターンを得ることができます。
数年来、日本の長期金利は1~2%で低い状態となっていますので、日本国内よりも高い金利で運用できるチャンスがあります。


ETFなどファンドがおすすめな理由

外国の債券の高い金利水準に魅力を感じたのなら、外国債券を直接買うことも選択肢の1つです。
しかし、ETFなどの「ファンド」としてたくさんの債券に分散投資すれば、個別の国債・社債の価格変動リスクを抑えることができ、長期運用で安定したリスク・リターンの管理ができます。
さらに個別の外国債券は売却時に高い手数料が掛かりますが、ETFならいつでも追加で購入でき、個別の外国債券よりも中途換金・解約などが簡単にできます。
実際、日本のような低金利の国だけでなく、欧米の年金などでも、各国の債券に国際分散投資をするのは常識となっています。
外国債券に投資することで、「金利」の分散だけでなく、「通貨」の分散もできますので、仮に日本がインフレとなって円安が進んだ場合でも、「インフレリスク」の備えになります。


外国債券投資のリスクとリターン

外国債券ETFなどのファンドは各国の国債・社債に投資するもので、一般的に株式と比べて期待リターンは低くなります。
「金利変動リスク」や、「為替変動リスク」によって元本が減る可能性もあります。
分散投資の効果を理解して、ポートフォリオの一部に組み込めば長期運用で安定したリターンを得ることが期待できます。

日本のように貯蓄の多い国の投資家が、外国債券ETFなどのファンドを通じてこれから発展しようとしている国で発行される国債・社債を買えば、間接的にその国に投資したことになります。
「貯蓄余剰」の国から「貯蓄不足」の国に資金が流れることは、世界経済の発展にもつながるのではないでしょうか。






外国債券購入方法<海外ETFを利用>



外国債券を購入することで安定したインカムゲイン(キャッシュフロー)が期待できます。
また、株式やREITなど外国債券と異なる資産を保有している場合、それそれの資産の値動きに相関性が低いため、分散投資効果による価格変動リスクの低減も期待できます。
お金を生み出す資産を長期的に保有することで、安定したキャッシュフローが期待できるといった点で、外国債券はポートフォリオのコアとしたい資産の一つです。

外国債券購入方法ですが、海外ETFを利用して、グローバルに分散された外国債券ポートフォリオを構築することで、安定した利子収入(キャッシュフロー)を定期的に得ることができます。

外国債券の海外ETFは、償還期限が異なる債券への分散投資を継続しているので、外国債券ETFを保有しているだけで、自動的に債券が買い換えられていくイメージです。
グローバルに国債、社債を広範囲に分散投資できる外国債券海外ETFは使い勝手の良い金融商品です。

世界を代表する企業に投資する方法として、それらの企業の社債を購入するという方法もあります。
外国債券投資は外国株式投資よりも価格変動リスクが小さいので大きく資産を減らすリスクも小さいと思われます。

外国債券投資におけるリスクには、為替変動リスクや信用リスク、デュレーションリスクなどがありますが、海外ETFを利用すれば銘柄数をかなり分散することができるので一つの企業の社債や一つの国の国債に投資するよりも信用リスク、デュレーションリスクが軽減されます。

そして海外ETFを利用するメリットとして一番大きいのが、流動性を確保できるということです。
証券取引所が開いていればいつでも換金することができるメリットは大きいと思います。


インカムゲイン狙いの投資なら配当成長に着目した米国株がおすすめ
配当金がザクザク増える 米国株配当成長銘柄の選び方 ≫







外国債券投資の為替リスク



国内債券よりも金利が高い外国債券(外債)に魅力を感じる人も多いと思います。
外国債券には国内債券にはないリスクもあります。
それは、為替変動リスクです。

満期を迎えたときに購入時より円安であれば、為替による利益(為替差益)を得られますが、反対に円高になると為替による損失(為替差損)を受けます。
為替差損により、せっかく得られた高い利子も相殺され、元本割れするケースもあります。
外国債券投資を考えるときには、金利の水準だけでなく、為替の動きにも注意する必要があります。
1ドル95円のとき、1万ドルの債券を購入するのに必要な額は95万円です。
1年後の償還時に、円高ドル安になって1ドル80円のときに円に戻すと償還金額は80万円と投資金額との差額の15万円が為替差損です。
反対に、1ドル=110円の円安ドル高に円に戻すと償還金額は110万円になり、15万円の為替差益を得られます。
外国債券の償還時にタイミングよく円安になれば高い利子と為替差益の両方を得られますが、逆になると損失を受けることもあります。






外国債券投資<ゼロクーポン債>



国内債券の満期までの期間は2年、5年の中期国債や10年の長期国債などが主流ですが、外国債券は期間20年、30年などの「超長期債券」の品揃えも豊富にあります。
代表的なのがゼロクーポン債(割引債)です。
長期の資産運用などに向く商品なのではないでしょうか。

ゼロクーポン債は額面金額より安い価格で発行・販売され、満期に額面金額が戻ってきます。
途中の利払いはありませんが、販売価格と額面金額の差額が利子に当たります。
米ドル建てやユーロ建てのほかにも、新興国の債券もあります。
ゼロクーポン債のメリットは複利効果を期待できること。
満期の長いゼロクーポン債は、複利効果が大きく期待できるのも魅力です。

ゼロクーポン債とは、クーポン(金利)がゼロの債券です。
例えば、額面が1000ドルの債券を450ドルのように安く買えます。
450ドルで買った債券が満期時には1000ドルになって返ってくるので、この差額がリターンというわけです。

ゼロクーポン債の大きな魅力は利払い金が無いので、運用期間中に税金が引かれず複利で運用できることです。
利付債の場合、支払われる利子に税金がかかってしまいます。
この差が長期では大きな差になります。
運用目的が老後資金などのように長期的に運用し、キャッシュフローを考える必要がなければ途中で利子が支払われる必要はないので、ゼロクーポン債の方が利付債券よりも効率的に資産運用ができます。
また、ゼロクーポン債も途中売却できるので流動性で劣ることはありません。
残存期間が長い場合は、高利回りが期待できる金融商品です。






債券投資<債券価格の変動要因> 【重要】



債券の価格と金利

債券の価格は、一般的にその時々の金利の水準に応じて変動します。
金利が上昇すると、債券の利回りも上昇し、債券の価格は下落します。
反対に、金利が低下すると、債券の利回りも低下し、債券の価格は上昇します。
このように債券の利回りと債券価格の関係は、互いに逆の方向に動く関係にあり、債券の利回りが上昇すれば債券価格は下がり、利回りが低下すれば債券価格は上がります。


金利の変動要因

金利とは、お金を借りる際の対価のことです。お金を借りたい人が増えれば、金利は上がる傾向にありますが、お金を借りたい人が減れば金利は下がる傾向にあります。
つまり、金利は、資金の需要と供給の関係により変動しますが、資金の需給関係に影響を与える要因として、特に「国内景気」「国内物価」「海外金利」「為替」といったものは重要です。


債券価格の変動要因で忘れてはいけない重要なこと

何より大事なことは「債券は発行者の借金」という点を忘れてはいけません。
投資やマーケットに関する情報収集・セオリー・法則を鵜呑みにし過ぎて、債券投資で一番重要な基本中の基本を忘れてしまう人も少なくありません。
債券投資をするということは、債券の発行者にお金を貸すということです。
債券投資する時はこの点を絶対に忘れてはいけません。
お金を貸す時に、一番大事なことは、「貸したお金を期限までに返してもらえるかどうか」です。
つまり信用です。
お金を貸す以上は信用が一番重要になります。
お金を貸す時にこれより大事なことはありません。

金利が変わらなくても信用力が変われば債券価格は動きます。
信用不安が生じた時には債券価格は金利変動時の比ではないほど動きます。

債券価格は信用力の変化で大きく変化するということも「債券価格の変動要因の一つである」という認識が重要です。





債券とは何か



債券は、国、地方公共団体、会社等が、お金を借りるときにつくられます。
普通、お金の貸し借りをするときには、借りた人が貸してくれた人に対して、借りたという証拠を残します。
そのときに、借用書や借用証書というものがやりとりされるというのはイメージできると思います。
国、地方公共団体、会社等が多数の投資家からお金を借りるときに発行するのが、債券です。

国が国民からお金を借りるときに発行する債券を、国の債券という意味で「国債」といいます。
また、株式会社が一般の人やほかの会社等からお金を借りるときに発行する債券を、会社の発行する債券という意味で「社債」といいます。
債券は、あらかじめ何年後にお金を返すのかを決めて発行されます。
その期限のことを満期といいます。借りる期間が5年なら5年たつと満期になります。
そして、満期になると借りたお金は全額返さなければなりません。
また、お金を借りている間は、毎年そのお金の使用料として利息を支払う約束になっています。






債券投資<固定利付債と変動利付債>



固定利付債(確定利付債)

満期日まで、あらかじめ決められた固定(確定)の利息が、利払日に支払われる仕組みの債券を「固定利付債(確定利付債)」といいます。
固定利付債は、債券の発行の際に決められた利率が、満期日まで変わりません。
ほとんどの債券は、固定利付債となっています。


変動利付債

債券の利息の額が、利払日ごとに、その時々の市場金利等の状況に応じて変動する仕組みの債券を「変動利付債」といいます。
変動利付債の利率は、利率を決める際の市場金利に基づいて決められます。
そのため、前回よりも利率が高くなることもありますし、低くなることもあります。
日本では、期間10年の個人向け国債などが変動利付債です。
この期間10年の個人向け国債の利率は、半年ごとに見直され、直前に発行された10年満期の長期利付国債の利回りを基に決められます。





債券の特徴



債券とは、資金調達をする発行体(国や会社等)がお金を借りた証拠として、利子の支払いや元本の返済をあらかじめ約束して発行する証書です。
また、債券は一般的に、発行時に利率、期間(償還期間)、額面金額、発行価格等の条件が決められています。
債券の一般的な特徴としては、以下の点が挙げられます。


いろいろな種類の債券が発行されている

国内・海外の公的機関から民間会社まで、多様な発行体から発行されています。
安全性は高いが利率は低いものや、信用度が劣る分だけ利率が比較的高いもの、あるいは、満期までの期間が短いものから30年以上の長期のものまで、様々な種類があります。


償還される

原則として、債券は株式と異なり償還されます。
満期日を迎えると額面金額である償還金が受け取れます。
多くの債券は満期時に全額が償還されますが、期中に一部または全部を償還するタイプもあります。
満期まで持てば、「確定利回り」が得られる。(固定金利・利付債の場合)

債券は、満期(償還日)までの間に一定の利子を支払うことを約束して発行されたものですから、満期まで持てば、「確定利回り」が得られる商品といえます。

金利は固定金利のものが一般ですが、市場の動向によって金利が変化する変動金利のタイプもあります。


途中売却ができる

債券は市場で取引されており、満期前でもその時の市場価格で売却することができます。
ただし、金融情勢の変化によって購入価格を上回る場合もあれば、下回る場合もありますので、売却の際には注意が必要です。