外国債券ETF
  1. Top
  2. » 投資信託外国債券

外国債券投資の魅力



外国債券投資がおすすめな理由

投資信託の1つに、外国の債券や社債に投資する「外国債券ファンド」があります。
最近は新興国の発展が期待されているせいか、外国株式ファンドに人気がありますが、ここでは、国際分散投資に不可欠な外国債券投資の魅力を挙げています。
外国債券ファンドに投資すると、各国の債券からリターンを得ることができます。
数年来、日本の長期金利は1~2%で低い状態となっていますので、日本国内よりも高い金利で運用できるチャンスがあります。


ETFなどファンドがおすすめな理由

外国の債券の高い金利水準に魅力を感じたのなら、外国債券を直接買うことも選択肢の1つです。
しかし、ETFなどの「ファンド」としてたくさんの債券に分散投資すれば、個別の国債・社債の価格変動リスクを抑えることができ、長期運用で安定したリスク・リターンの管理ができます。
さらに個別の外国債券は売却時に高い手数料が掛かりますが、ETFならいつでも追加で購入でき、個別の外国債券よりも中途換金・解約などが簡単にできます。
実際、日本のような低金利の国だけでなく、欧米の年金などでも、各国の債券に国際分散投資をするのは常識となっています。
外国債券に投資することで、「金利」の分散だけでなく、「通貨」の分散もできますので、仮に日本がインフレとなって円安が進んだ場合でも、「インフレリスク」の備えになります。


外国債券投資のリスクとリターン

外国債券ETFなどのファンドは各国の国債・社債に投資するもので、一般的に株式と比べて期待リターンは低くなります。
「金利変動リスク」や、「為替変動リスク」によって元本が減る可能性もあります。
分散投資の効果を理解して、ポートフォリオの一部に組み込めば長期運用で安定したリターンを得ることが期待できます。

日本のように貯蓄の多い国の投資家が、外国債券ETFなどのファンドを通じてこれから発展しようとしている国で発行される国債・社債を買えば、間接的にその国に投資したことになります。
「貯蓄余剰」の国から「貯蓄不足」の国に資金が流れることは、世界経済の発展にもつながるのではないでしょうか。