外国債券ETF
  1. Top
  2. » 外国債券ETF

社債の購入方法はETFの利用がおすすめ



社債投資は、国債よりも利率が高く株式投資よりは低リスクだとされます。
外国企業の社債に投資することの魅力の1つは、一般的に米国債をはじめ発行体企業の国の国債に投資するよりも高い利回りが期待できることです。

社債を個人が購入する場合、発行体の倒産などによるデフォルトリスクがありますが、ETFを利用すれば銘柄が幅広く分散されるのでデフォルトリスクが低減されます。
また、社債をETFで購入した場合でも社債のクーポンは外貨ベースで安定したリターンが期待できます。


海外ETFを利用した社債投資

社債投資のリスクを勘案すると、海外ETFという金融商品を利用して、幅広く銘柄分散された社債ETFを購入することで、デフォルトリスク(信用リスク)を低減しながら、外貨ベースではありますが、安定した利子を定期的に得ることが期待できます。

海外ETFとは、海外(ニューヨーク証券取引所など)に上場された投資信託のことで、株式のように証券取引所が開いていればいつでも売買可能な金融商品です。
もちろん国内の証券会社を通じて売買することが可能な金融商品です。

社債ETFは、償還期限が異なる債券への分散投資(数百銘柄に分散投資)を継続している金融商品です。
社債ETFを保有しているだけで自動的に社債が買い換えられていくイメージです。
社債を幅広く分散投資できる米国社債ETFは、少額から購入することが可能です。

そして社債ETFを利用するメリットとして一番大きいのが、流動性を確保できるということです。
証券取引所が開いていればいつでも換金することができるメリットは非常に大事なことです。


国内金融機関で購入可能な外国社債海外ETF
(以下の海外ETFは米ドル建てですので利子の振込みも米ドルです。)


iShares iBoxx $ Invest Grade Corp Bond (LQD)
iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債ファンド
IBoxx米ドル建てリキッド投資適格インデックスへの連動を目指します。
流動性の高い投資適格米ドル建て社債の銘柄で構成。
組入銘柄数 1068 (2013年2月現在)


iBoxx $ High Yield Corporate Bd (HYG)
iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債ファンド
iBoxx米ドル建てリキッド・ハイイールド インデックスへの連動を目指します。
米ドル建ての高利回りの社債に投資。
組入銘柄数 736 (2013年2月現在)





» 続きを読む

海外ETFで米国債を保有



米国債券投資方法ですが、海外ETFを利用して、米国債に投資する方法がよいのではないでしょうか。
外国債券投資におけるリスクには、為替変動リスクや信用リスク、デュレーションリスクなどがありますが、米国債券ということであれば信用リスク(デフォルトリスク)はないと考えていいでしょう。
海外ETFを利用すれば償還期限の違う米国債券に分散投資することができるので、生の米国債券を購入するよりもデュレーションリスクが軽減されます。

米国債券の海外ETFは、償還期限が異なる米国債券に分散投資を継続しているので、米国債券ETFを保有しておくだけでいいので実に簡単です。
そういった意味からも、少額から分散投資できる米国債券の海外ETFは使い勝手がいいと思います。

ETF(Exchange Traded Fund)とは、指数連動型上場投資信託のことです。
海外ETFとは、海外の各種指数との連動を目指すETFでニューヨーク証券取引所やナスダック市場、香港市場など外国の証券取引所に上場されているETFです。
上場されているので透明性が高く、流動性もよいのが海外ETFのメリットとなります。
海外ETFは上場しているため、株式と同様に価格がリアルタイムに変動します。
値動きを見ながら購入・売却のタイミングを決められるほか、株式と同様、指値・成行注文で発注できます。


国内金融機関で購入可能な米国債券 海外ETF

iShares Barclays 7-10 Year Treasury Bond Fund(IEF)
iシェアーズR ・バークレイズ 米国国債 7-10年 ファンド
バークレイズ・キャピタル米国国債(7-10年)インデックスへの連動を目指します。
米財務省市場の中期物セクターへ投資。


iShares Barclays 20+ Year Treas Bond (TLT)
iシェアーズR ・バークレイズ 米国国債 20年超 ファンド
バークレイズ・キャピタル米国国債(20年超)インデックスへの連動を目指します。
残存期間が20年超、米ドル建ての米国財務省証券で構成されています。


iShares Barclays 1-3 Year Treasury Bond (SHY)
iシェアーズR ・バークレイズ 米国国債 1-3年 ファンド
バークレイズ・キャピタル米国国債(1-3年)インデックスへの連動を目指します。
残存期間が1年以上3年未満で、米ドル建てで非転換型の米国財務省証券から構成されます。





外国債券投資の魅力



外国債券投資がおすすめな理由

投資信託の1つに、外国の債券や社債に投資する「外国債券ファンド」があります。
最近は新興国の発展が期待されているせいか、外国株式ファンドに人気がありますが、ここでは、国際分散投資に不可欠な外国債券投資の魅力を挙げています。
外国債券ファンドに投資すると、各国の債券からリターンを得ることができます。
数年来、日本の長期金利は1~2%で低い状態となっていますので、日本国内よりも高い金利で運用できるチャンスがあります。


ETFなどファンドがおすすめな理由

外国の債券の高い金利水準に魅力を感じたのなら、外国債券を直接買うことも選択肢の1つです。
しかし、ETFなどの「ファンド」としてたくさんの債券に分散投資すれば、個別の国債・社債の価格変動リスクを抑えることができ、長期運用で安定したリスク・リターンの管理ができます。
さらに個別の外国債券は売却時に高い手数料が掛かりますが、ETFならいつでも追加で購入でき、個別の外国債券よりも中途換金・解約などが簡単にできます。
実際、日本のような低金利の国だけでなく、欧米の年金などでも、各国の債券に国際分散投資をするのは常識となっています。
外国債券に投資することで、「金利」の分散だけでなく、「通貨」の分散もできますので、仮に日本がインフレとなって円安が進んだ場合でも、「インフレリスク」の備えになります。


外国債券投資のリスクとリターン

外国債券ETFなどのファンドは各国の国債・社債に投資するもので、一般的に株式と比べて期待リターンは低くなります。
「金利変動リスク」や、「為替変動リスク」によって元本が減る可能性もあります。
分散投資の効果を理解して、ポートフォリオの一部に組み込めば長期運用で安定したリターンを得ることが期待できます。

日本のように貯蓄の多い国の投資家が、外国債券ETFなどのファンドを通じてこれから発展しようとしている国で発行される国債・社債を買えば、間接的にその国に投資したことになります。
「貯蓄余剰」の国から「貯蓄不足」の国に資金が流れることは、世界経済の発展にもつながるのではないでしょうか。






外国債券購入方法<海外ETFを利用>



外国債券を購入することで安定したインカムゲイン(キャッシュフロー)が期待できます。
また、株式やREITなど外国債券と異なる資産を保有している場合、それそれの資産の値動きに相関性が低いため、分散投資効果による価格変動リスクの低減も期待できます。
お金を生み出す資産を長期的に保有することで、安定したキャッシュフローが期待できるといった点で、外国債券はポートフォリオのコアとしたい資産の一つです。

外国債券購入方法ですが、海外ETFを利用して、グローバルに分散された外国債券ポートフォリオを構築することで、安定した利子収入(キャッシュフロー)を定期的に得ることができます。

外国債券の海外ETFは、償還期限が異なる債券への分散投資を継続しているので、外国債券ETFを保有しているだけで、自動的に債券が買い換えられていくイメージです。
グローバルに国債、社債を広範囲に分散投資できる外国債券海外ETFは使い勝手の良い金融商品です。

世界を代表する企業に投資する方法として、それらの企業の社債を購入するという方法もあります。
外国債券投資は外国株式投資よりも価格変動リスクが小さいので大きく資産を減らすリスクも小さいと思われます。

外国債券投資におけるリスクには、為替変動リスクや信用リスク、デュレーションリスクなどがありますが、海外ETFを利用すれば銘柄数をかなり分散することができるので一つの企業の社債や一つの国の国債に投資するよりも信用リスク、デュレーションリスクが軽減されます。

そして海外ETFを利用するメリットとして一番大きいのが、流動性を確保できるということです。
証券取引所が開いていればいつでも換金することができるメリットは大きいと思います。


インカムゲイン狙いの投資なら配当成長に着目した米国株がおすすめ
配当金がザクザク増える 米国株配当成長銘柄の選び方 ≫







債券投資<固定利付債と変動利付債>



固定利付債(確定利付債)

満期日まで、あらかじめ決められた固定(確定)の利息が、利払日に支払われる仕組みの債券を「固定利付債(確定利付債)」といいます。
固定利付債は、債券の発行の際に決められた利率が、満期日まで変わりません。
ほとんどの債券は、固定利付債となっています。


変動利付債

債券の利息の額が、利払日ごとに、その時々の市場金利等の状況に応じて変動する仕組みの債券を「変動利付債」といいます。
変動利付債の利率は、利率を決める際の市場金利に基づいて決められます。
そのため、前回よりも利率が高くなることもありますし、低くなることもあります。
日本では、期間10年の個人向け国債などが変動利付債です。
この期間10年の個人向け国債の利率は、半年ごとに見直され、直前に発行された10年満期の長期利付国債の利回りを基に決められます。





債券投資のリスクについて



信用リスク

信用リスクとは、債券の元本や利息の支払いが滞ったり、支払い不能が生じる可能性のことです。
デフォルトリスク(債務不履行リスク)ともいいます。
元本や利息が約束通り支払われるかどうかの確実性(安全性)は、それぞれの会社等の収益力やその安定性(信用度)に依存しているといえます。
債券の信用度を判断する目安として「格付け」を利用することができます。


価格変動リスク

価格変動リスクとは、換金する際の受取額が変動する場合があるということです。
固定利付債券を満期まで持つ場合、利払い時や償還時の受取額が決められているので、あらかじめ投資収益が計算できます。
しかし、満期まで持たずに中途換金する場合は、原則として市場価格(時価)で売却することになりますので、売却益が出る場合も売却損が出る場合もありますので注意が必要です。


為替変動リスク

為替変動リスクとは、外貨建て外国債券やデュアル・カレンシー債といった外国の通貨で利息や償還金が支払われる金融商品では、それぞれの受取時点における為替相場の水準によって、円での受取額が変わってきます。
利払いや償還の外貨(例えば、米ドル)建て金額に対して為替相場が円安(外貨高)になった場合は、円での受取額が増え為替差益を得ることができますが、逆に円高(外貨安)になった場合は、円での受取額が減少し為替差損が発生します。
この場合、円建に換算した投資利回りは低下し、場合によっては利子分を帳消しにして元本割れとなることもあります。


流動性リスク

流動性リスクは、市場における取引ができなくなったり、通常より著しく不利な価格で取引を余儀なくされ損失を被るリスクのことです。
債券は必ずしも理論的に適正であると考えられる価格で取り引きされるとは限りません。
流動性に優れている債券であれば、希望する価格で希望する量の取引が可能ですが、そうでない債券では極端な場合、売りたいときに買い手が現れないこともあり得ます。
保有している債券を途中で換金しようとする場合、その債券の商品性や市場実勢によっては、「大幅に安くしか売れなかったり、買い手がなかなか見つからない」といったリスクがあることも知っておく必要があるわけです。


カントリーリスク

外国債券の場合、その発行体の所在する国・地域の経済・政治環境の変化に起因する影響も考慮に入れなければなりません。
このような国全体の経済や政治の不安定性のことを、一般に「カントリーリスク」といいます。
具体的には、ある国が諸外国から融資や投資を受けている場合、その国が戦争や災害、あるいは財政破たん、外貨の枯渇といった要因によって外国への元利金の支払いが不履行になるリスクのことです。
国ごとの信用リスクを評価するモノサシとして、カントリーリスク情報があります。
カントリーリスク情報は、国内外の格付機関や調査機関等から発表されています。