外国債券ETF
  1. Top
  2. » 外国債券社債

外国債券投資の魅力



外国債券投資がおすすめな理由

投資信託の1つに、外国の債券や社債に投資する「外国債券ファンド」があります。
最近は新興国の発展が期待されているせいか、外国株式ファンドに人気がありますが、ここでは、国際分散投資に不可欠な外国債券投資の魅力を挙げています。
外国債券ファンドに投資すると、各国の債券からリターンを得ることができます。
数年来、日本の長期金利は1~2%で低い状態となっていますので、日本国内よりも高い金利で運用できるチャンスがあります。


ETFなどファンドがおすすめな理由

外国の債券の高い金利水準に魅力を感じたのなら、外国債券を直接買うことも選択肢の1つです。
しかし、ETFなどの「ファンド」としてたくさんの債券に分散投資すれば、個別の国債・社債の価格変動リスクを抑えることができ、長期運用で安定したリスク・リターンの管理ができます。
さらに個別の外国債券は売却時に高い手数料が掛かりますが、ETFならいつでも追加で購入でき、個別の外国債券よりも中途換金・解約などが簡単にできます。
実際、日本のような低金利の国だけでなく、欧米の年金などでも、各国の債券に国際分散投資をするのは常識となっています。
外国債券に投資することで、「金利」の分散だけでなく、「通貨」の分散もできますので、仮に日本がインフレとなって円安が進んだ場合でも、「インフレリスク」の備えになります。


外国債券投資のリスクとリターン

外国債券ETFなどのファンドは各国の国債・社債に投資するもので、一般的に株式と比べて期待リターンは低くなります。
「金利変動リスク」や、「為替変動リスク」によって元本が減る可能性もあります。
分散投資の効果を理解して、ポートフォリオの一部に組み込めば長期運用で安定したリターンを得ることが期待できます。

日本のように貯蓄の多い国の投資家が、外国債券ETFなどのファンドを通じてこれから発展しようとしている国で発行される国債・社債を買えば、間接的にその国に投資したことになります。
「貯蓄余剰」の国から「貯蓄不足」の国に資金が流れることは、世界経済の発展にもつながるのではないでしょうか。






外国債券購入方法<海外ETFを利用>



外国債券を購入することで安定したインカムゲイン(キャッシュフロー)が期待できます。
また、株式やREITなど外国債券と異なる資産を保有している場合、それそれの資産の値動きに相関性が低いため、分散投資効果による価格変動リスクの低減も期待できます。
お金を生み出す資産を長期的に保有することで、安定したキャッシュフローが期待できるといった点で、外国債券はポートフォリオのコアとしたい資産の一つです。

外国債券購入方法ですが、海外ETFを利用して、グローバルに分散された外国債券ポートフォリオを構築することで、安定した利子収入(キャッシュフロー)を定期的に得ることができます。

外国債券の海外ETFは、償還期限が異なる債券への分散投資を継続しているので、外国債券ETFを保有しているだけで、自動的に債券が買い換えられていくイメージです。
グローバルに国債、社債を広範囲に分散投資できる外国債券海外ETFは使い勝手の良い金融商品です。

世界を代表する企業に投資する方法として、それらの企業の社債を購入するという方法もあります。
外国債券投資は外国株式投資よりも価格変動リスクが小さいので大きく資産を減らすリスクも小さいと思われます。

外国債券投資におけるリスクには、為替変動リスクや信用リスク、デュレーションリスクなどがありますが、海外ETFを利用すれば銘柄数をかなり分散することができるので一つの企業の社債や一つの国の国債に投資するよりも信用リスク、デュレーションリスクが軽減されます。

そして海外ETFを利用するメリットとして一番大きいのが、流動性を確保できるということです。
証券取引所が開いていればいつでも換金することができるメリットは大きいと思います。


インカムゲイン狙いの投資なら配当成長に着目した米国株がおすすめ
配当金がザクザク増える 米国株配当成長銘柄の選び方 ≫