外国債券ETF
  1. Top
  2. » 債券価格信用

債券投資<債券価格の変動要因> 【重要】



債券の価格と金利

債券の価格は、一般的にその時々の金利の水準に応じて変動します。
金利が上昇すると、債券の利回りも上昇し、債券の価格は下落します。
反対に、金利が低下すると、債券の利回りも低下し、債券の価格は上昇します。
このように債券の利回りと債券価格の関係は、互いに逆の方向に動く関係にあり、債券の利回りが上昇すれば債券価格は下がり、利回りが低下すれば債券価格は上がります。


金利の変動要因

金利とは、お金を借りる際の対価のことです。お金を借りたい人が増えれば、金利は上がる傾向にありますが、お金を借りたい人が減れば金利は下がる傾向にあります。
つまり、金利は、資金の需要と供給の関係により変動しますが、資金の需給関係に影響を与える要因として、特に「国内景気」「国内物価」「海外金利」「為替」といったものは重要です。


債券価格の変動要因で忘れてはいけない重要なこと

何より大事なことは「債券は発行者の借金」という点を忘れてはいけません。
投資やマーケットに関する情報収集・セオリー・法則を鵜呑みにし過ぎて、債券投資で一番重要な基本中の基本を忘れてしまう人も少なくありません。
債券投資をするということは、債券の発行者にお金を貸すということです。
債券投資する時はこの点を絶対に忘れてはいけません。
お金を貸す時に、一番大事なことは、「貸したお金を期限までに返してもらえるかどうか」です。
つまり信用です。
お金を貸す以上は信用が一番重要になります。
お金を貸す時にこれより大事なことはありません。

金利が変わらなくても信用力が変われば債券価格は動きます。
信用不安が生じた時には債券価格は金利変動時の比ではないほど動きます。

債券価格は信用力の変化で大きく変化するということも「債券価格の変動要因の一つである」という認識が重要です。